体とこころには、密接なつながりがあります。

 

 

 こころが(楽しいな~^^)と感じている時、体はゆったりとくつろいでいます。熱帯の海に、のんびりとつかっているような心地よい感じですね。

 

 この時間をいつも作れていれば、こころも体も元気です。

 

 では(嫌だな~)(会いたくないな~)と思っていることをすると、どうでしょう?!

 

 体は無意識に力が入り、ちっちゃく固まっていきます。

 

 怖い相手がいると視線は下に向き相手からの言葉に身構えたり、周りとあまり関わりたくないと猫背がさらに進んだりね。その姿勢は周りも何となく話しかけにくく感じさせます。

 

 体が縮こまっていくと、体がだんだん疲れやすくもなっていきます。でも、それが何によるのか、なかなか自分では気づけない。

 

 さらに被害者意識が強くなったりすると、オーラ的にもちょっと近づきにくい感じで黒っぽくなっていきます。ここまで来ると結構人が避けていく。

 

 心を解放できると、たとえ周りにオーラが見えなくても(あの人といると何か楽しい^^)と感じてくれます。その人の周りにいるだけで癒されています。

 

 オーラとしては、同じ色でも明るく澄んだ色へと変化します。気持ち良い状態を創れている時、オーラはクリアな状態です。

 

 人は一人では生きられません。 

 

 自分にとって楽しい環境作りをすることで、自分の体はもちろんですが、周りの人も元気にしてあげたいですね。 

 

 あなたの笑顔が輝くことで、周りに笑顔が広がります。

 

 

 

(次のページ)

「2.体と食事」はこちら